スポンサーサイト

  • 2013.10.04 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    ロースター。

    • 2009.09.05 Saturday
    • 22:10




    私には、いつも良くしてもらっているお父さんのような存在の方がいます。
    その方は、とある珈琲屋の社長さん。

    先日その方に、とあるロースターさんが切り盛りする珈琲屋さんに連れて行ってもらいました。


    昔ながらの、古い焙煎機を使う珈琲屋さんで、いろいろな作業がアナログです。
    1つ1つに、手間がかかります。

    私がお邪魔したのはJBCに出るちょうど2日前で、
    そんな時期に、焙煎の中での1つ1つの行程を間近で目にしました。

    1つのコーヒー豆が出来上がるまでに、
    職人としての技や、勘や、集中力、たくさんの苦労がかけられていました。

    私はその時、JBCで使う予定のブレンドを思い返しては、一体この1つのブレンドが出来上がるまでにどれだけの人の努力や苦労、想いが詰まったのだろう・・・という思いでいっぱいになりました。

    そう思うと、コーヒー豆を簡単に扱うバリスタ達に、そのロースターさんの姿を見せたくなりました。


    私たちバリスタが味の調節をするのに、約30秒前後の抽出を何度も繰り返すこととは、ワケが違います。

    彼らは焙煎の調節をするのに、1度で20分前後の時間を要します。
    その焙煎を失敗したり納得がいかなかったら、また同じように20分前後の焙煎を行います。
    これって、生半可な集中力では続けられない、ものすごく体力が必要なことですよね・・・

    コーヒーが1つのカップとなって、お客様の元にいくまでに・・・
    本当に、たくさんの方の努力や想いが詰まっているのです。

    これを押し付けるわけではないけれど・・・

    扱う人たちに少しでも頭に置いといてもらえればなと思って、書きました。

    私の文章力では、なかなか伝わりにくいだろうなと反省してます・・・



    まぁその「カップ」に固執して、ストイックになるのも良くないですが・・・

    視野を広げて、なにごともバランスです。
    なんの為にコーヒーを淹れているのか、これは絶対に忘れてはならないこと。



    私たちバリスタは、そんな人たちの努力や想いをお客様へお届けする
    「最後の架け橋」になる事を、責任と誇りを持って、努めていかなければいけませんね。




    Look back on a day CAFE

    このブログから、いろいろな刺激をもらった人も多いのでは・・・。
    少なくとも、私の周りにもたくさんいます。
    コーヒーの事、サービスの事・・・いつも大切な事を思い出させてくれて、私も昔から好きで読んでいました。
    私のお父さんのような社長さん、小林正哉さんが書いているブログです。

    正哉さんが営むスプレモさんは、神奈川県大和に位置します。
    お客さんとの距離が近い、温かいお店です。スタッフのゴローさんとのコンビネーションも見どころ!





    ペスカのブレンドも、ここ、スプレモさんのもの。

    オープン前に一緒にテイスティングを重ねて完成された、ある意味、私と正哉さんの1つの「作品」。


    いつか一緒に、また1つの「作品」を作り上げることが出来たらいいな。
    もちろん、アスカでも一緒に作り上げてくれた彩香房の杉浦さんとも。

    バリスタのみなさん、
    バリスタのいるエスプレッソばかりを巡るのではなく、たまにはコーヒー豆屋さんににも遊びに行ってくださいな

    ポジション違えど同じコーヒー仲間ですから、いろいろな発見があるかもしれませんよ。


    ぽっぽっぽ〜

    • 2008.05.25 Sunday
    • 02:11

    豆が欲しいか そらやるぞ〜



    豆屋で働き始め、興味の幅がさらにさらに広がってきています。
    まだまだ、やる事が盛りだくさん、呆れるほど。だから、非常に楽しみでわくわくだったりする。欠点豆だけ取り除いて、それを焙煎してみて、飲んでみれるのも豆屋ならでは。
    リネアもいるから、エスプレッソでもドリップでも確かめられて、同じ豆でも抽出法での味の違いも見れて楽しい。

    初めて、生豆なんかも取り寄せてみたりしました。
    あーぁー、こんなんやると「まにあー撃沈」な感じで非常にやるせない。気持ち悪いとか思わないで・・・ムニョムニョ
    でも自分のなりたいバリスタ像になる為には、通る道なのです。プロとして、お客様の為に。
    今度焙煎してみて、飲んでみたいと思ってます。
    非常に気になってた、Australia Mountain Top BINシリーズ。どきどきどきどき・・・

    生豆の状態見ると、思ってたより小粒だなと。でもハラーとかに比べたら粒が揃っていて状態もいい感じ。2006のオールドクロップだけど、どこまで甘さと個性がが引き立ってくれるかなパクッ


    最近尊敬してるのは、島田紳助です。

    バリスタとして、お客様や初対面の方のハートをトークでいかにぐっとつかむかが、最近の密かな課題だったりして。
    話の切り返し方やらテンポやら、非常に勉強させてもらってます。
    1度、バンコでのバリスタってのを経験したほうがよいなー。って・・・トーク芸人か私は。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    recommend

    pino schizzo’s Vintage Style
    pino schizzo’s Vintage Style (JUGEMレビュー »)
    pino schizzo
    伊沢ビンコウさんVo.のカバー曲アルバム。いわゆる、男ボッセ。
    Village VangardにGO!

    recommend

    憂愁のノクターン
    憂愁のノクターン (JUGEMレビュー »)
    フジ子・ヘミング, ショパン, ドビュッシー, リスト
    クラシック界で、唯一の感銘を受けたピアニスト・フジコヘミング。
    彼女が奏でると、堅いクラシック曲も踊る様に動く指たちによって、音に魂がやどる。奇蹟のピアニスト。

    recommend

    Fozz~Greatest Japanese Songs~
    Fozz~Greatest Japanese Songs~ (JUGEMレビュー »)
    斉藤花
    斉藤花ちゃんのデビューアルバム。PV撮影にも協力させて頂きました→http://jp.youtube.com/watch?v=W9VbLgslCZE

    recommend

    ピアノソロ ピアノコレクションズ ファイナルファンタジーIX (ピアノ・ソロ)
    ピアノソロ ピアノコレクションズ ファイナルファンタジーIX (ピアノ・ソロ) (JUGEMレビュー »)

    ゲームの音楽だからといって侮ってはなりません。このシリーズの楽譜はほとんど買ってしまいました。植松さんの世界観溢れる壮大な音楽を、ピアノソロで演奏してみませんか?

    recommend

    よくばりアレンジで弾くピアノスコア スタジオジブリ作品集~コンサートアレンジ~[スコア&CD]改訂
    よくばりアレンジで弾くピアノスコア スタジオジブリ作品集~コンサートアレンジ~[スコア&CD]改訂 (JUGEMレビュー »)
    上田 浩司
    たくさんのジブリ楽譜がある中、上田浩司さん編曲のこのシリーズのアレンジが一番好きです。ラウンジや、ステージ演奏でもオススメ!

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM